自由反逆同盟

鉄をガンガン打つ音が、昼も夜中も鳴り響く。ガレー船を漕がされた奴隷のように働いて、死んだらポイと墓穴に放り込まれる運命よ。いつかそのうち、暗い夜、町が静まり返る頃、支配者どもやっつける。一人残らず撃ち殺す。皆をびっくりさせてやる。俺は本気だ。覚えてろ。ジム・ジョーンズを捕まえて、鎖に繋いだ連中め、いつかそのうちこの俺が、必ず後悔させてやる。

— 民間伝承
“ジムジョーンズ”