惑星学院

宇宙の基礎は、より小さな要素へと無限にさかのぼることができる。
原子の向こうには電子が、電子の向こうにはクオークがある。1つの層が解明されるたびに、新たな秘密が明らかになるが、同時に新たな謎も生まれる。

— 学院長、プロホール・ザハロフ,
“その果実の味を知ったがゆえに”

ノンリニア数学

科学の進歩には2種類あります。まず徐々に知識の限界を広げていく系統だった実験と分類。もう1つは、そうした限界を再定義し超えていくような、優れた才能による革命的な飛躍です。前者に多大な恩恵をこうむっているのは事実ですが、われわれは確かに後者にあこがれを抱いています。

— 学院長、プロホール・ザハロフ,
“教職員への挨拶”

上級素粒子理論

宇宙の基礎は、より小さな要素へと無限にさかのぼることができる。
原子の向こうには電子が、電子の向こうにはクオークがある。1つの層が解明されるたびに、新たな秘密が明らかになるが、同時に新たな謎も生まれる。

— 学院長、プロホール・ザハロフ,
“その果実の味を知ったがゆえに”

重力理論

この一風変わった標本は、典型的な粒子というより一種のコネクターで、2つの粒子を結びつける紐のようなものだ。距離が遠くなるにつれて結びつける力は弱くなるが、もし切断されたら結合力は永遠になくなってしまう。

— 学院長、プロホール・ザハロフ,
“その果実の味を知ったがゆえに”

時間機械学

これまで言われていたようなタイムトラベルは、理論的に説明のつかない、ばかげたことだと言わざるをえない。しかし量子レベルにおいては、時間のひずみというものが確かに存在する。また、さらに重要なことには、それは制御可能である。

— 学院長、プロホール・ザハロフ,
“その果実の味を知ったがゆえに”

先行知覚アルゴリズム

任意の計算量の関数から始めよう。それに値として「感覚への刺激データ」を与える。得られた値を二乗し、もとの関数にフィードバックして、新たな刺激データを与える。さらに得られた結果をもとの関数に戻すという作業を無限に続けると、何が得られるか。人間の意識の基本原理である。

— 学院長、プロホール・ザハロフ,
“フィードバックの原理”