生物遺伝学

われわれはいのちとは神聖なものだと考えている。しかし同時に、いのちの基本は無数の遺伝子コードの連続であることを知っている。ビデオテープが無数のフレームの連続で成り立っているのと大して変わらない。ならばなぜ、コードをひとつ抜き出したり、追加したりできないのか。いじくり回されることに耐えられないほど、いのちは繊細なのか。神聖ないのちは、一切の改良に耐えられないというのか。

— ション・ジ=ヤン議長,
“心の発達史”

広告

産業基盤

資源は消費するためにある。そしてわれわれの世代によってではないとしても、いつかはやがて消費される。だが忘れられた未来に、われわれの財産権を否定する権利があるだろうか。断じてない。われわれの物はわれわれがいただこうではないか。腹いっぱい食べようではないか。

— 最高経営責任者 ナワダイク・モーガン,
“欲望の倫理”

情報ネットワーク

正しき人は、声高に叫ばれる人類進歩の主張に萎縮する必要などありません。
昨日の歌声がだんだんと消えて、明日への挑戦に変わろうとも、神はわたしたちを見守り、裁くことをおやめにはなりません。データリンクには悪が潜んでいます。かつて町に悪が潜んでいたのと同じです。しかし大切なのは、町そのものが悪だったわけではないということです。

— シスター・ミリアム・ゴッドウィンソン,
“聖なる闘い”

社会心理学

もし未来の支配者に、支配者であることより良い生活を見つけてやれたら、良い政治の行われる国家が可能となる。なぜならそうした国家においてのみ、真に豊かな人間が支配者になるからだ。黄金をたくさん持つ者ではなく、幸福を生み出す美徳と知恵に富んだ者がである。

— プラトン,
“国家”, データリンク

ケンタウリ生態学

惑星の大気は、わたしたち人間や多くの動物には有毒ですが、地球の植物にとってはまさに楽園です。硝酸塩を多くふくむ土壌とさんさんと降り注ぐ黄色い太陽光線のおかげで、土壌の改良さえ行えれば、大量の収穫をあげることができます。

— レディー・ディアドラ・スカイ,
“惑星の比較生物学”